レズ掲示板
私はFTMである。FTMとは何か?と言うと、見た目は女性、頭脳は男性と言う名探偵〇ナンくんのような存在だ(違う)。
風呂上がりに全身鏡で自分の裸体はずっと見ていた。時が経つにつれて、おっぱいボーン!おケツドーン!マン毛もじゃー!と女性としてはエロっぽいボディになったと思う。しかし、いつまで経ってもチンコびよーん!とはならなかった。もちろん、私にチンコが生えてくるなんて99%思ってなかったけど、1%の部分でひょっとしたら?と思っていたのは事実だ。それくらい、私は男だった。
私は学生時代からクラスメイトの女子をエロ目線で見ていた。女性の裸体なんて自分のモノを毎日見ているにもかかわらず、うーわー、チチ揉みてーケツ触りてーと、授業中ずっと思っていたものだ。
だから、修学旅行の時なんて私にとってはハッピーラッキータイムだった。男性の前ではひたすら隠す女の子たちが、私の眼の前でおっぱいボーン!おケツドーン!と晒しまくるのだ。こんなハーレムがあるのだろうか?
しかし、ハーレムとは言えケツの穴までは見られなかった。当たり前である。厳重に尻肉にガードされた女性のケツの穴を見ることは、そのような関係にならなければまず無理だ。せいぜい、手鏡で自分のケツの穴を見て「あの子にもこんなものがあるんだ!」と興奮するくらいが関の山だった。
FTMとはなかなかに不便な生き物である。一度だけ、ケツの穴を見てえ!!と思った女の子に告白したことがあるのだが、ドン引きされた。そこでようやくFTMとは人類の中でも異端の種族なのだな、と自覚した次第である。
男女の仲で懇意になればケツの穴くらいは見せ合うだろう。セックスするんだから当然である。しかし、女性間ではそう上手くはいかない。この困難にどう立ち向かうか?と考え続けて10年が経とうとしている。
ビアンの友達は多い。しかし、ケツの穴を見せてくれる相手には至っていない。どんなマッチングアプリでもケツの穴を見せること前提では誰ともマッチングされない世の中なのだ。
FTMが性の壁を乗り越えてケツの穴を見せ合う世の中が来る日を私は待っている。美少女のケツの穴見てえよー!
レズビアン
レズビアンのセックス

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。